結婚式での花嫁と花婿の婚礼衣装

結婚式での花嫁の洋装としては、ウェディング・ドレスが正式になります。ウェディング・ドレスの色は清純の象徴である白で、デザインは襟ぐりが浅く、袖も手首までぴったりフィットし、裾は床までとどくゆったりめのものが主流です。

ウェディング・ドレスの布地はレースが最高に豪華なイメージを与えますが、その他ではタフタ・シャンタンなどが多く用いられています。

ウェディング・ドレスのヘッド・ドレスは真珠のクラウンか、白いオレンジフラワー。アクセサリーは真珠が正式です。短めのネックレスやイヤリングをつけますが、装飾過多にならないように気をつけてください。

手袋は、ドレスの袖丈によって違ってきます。手首までの袖丈なら短い手袋、袖が短ければ、ひじ上までの長い手袋を着用します。できればウェディング・ドレスと共布の白手袋が望ましいものです。

靴もウェディング・ドレスと共布のものが正式ですが、その他の白布か、白革のプレーンなパンプスでもけっこうです。

花婿の正式洋装は、昼間ならモーニング・コート、夜なら燕尾服かタキシード(ディナー・ジャケット)です。モーニング・コートを着用するときは、ベルトは避けてサスペンダーを用います。

タキシードは格としては準礼服ですが、最近は燕尾服の正装姿はあまり見られなくなり、もっぱらタキシードが着用される傾向にあります。花婿の洋装の略式は、花嫁の場合は白のサテン・タフタ、デシンなどのカクテル・ドレスかアフターヌーン・ドレスが、ウェディング・ドレスに準ずる衣装として用いられます。

花婿の略装はダーク・スーツかダブル・スーツですが、ダーク・スーツの場合は元来が礼服用のものではありませんから、シャツやアクセサリーでフォーマルな感じを出すように心がけます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。